海外求人情報サイト

実はインターネット上には海外求人情報は探せばいろいろあるのですが、人それぞれ見るサイトは偏りがあるのではないでしょうか? 
そこで今回は私の知っているインターネットの海外求人情報を、サイトの性質別に分類してみました。これを読めば「あ、こっち関係のサイトがあるとは知らなかった」なんてことがあるかもしれません。

①日本語の海外求人専門サイト

海外求人が日本語で集められているので、一番わかりやすいと思います。募集要項が日本語で書かれているので、求人募集をされている会社には何らかの理由で日本人が関わっているケースが多いでしょう。もちろん日系会社の現地法人や、現地人の資本であってもオーナーの配偶者が日本人であったりというパターンもあります。
会員登録をしないと閲覧出来なかったり、採用に際して現地在住もしくは面接などで現地に行かないといけなかったりという制約がありますが、少しでも良い条件の仕事を探すとなると、日系の人材紹介会社に登録することおすすめします。

②英語や現地語などの求人専門サイト

日本人がいない完全に現地人の会社、あるいは外国人の会社である可能性が高いと言えます。

③日本国内の一般の求人サイト

日本の一般求人専門サイトで仕事の検索をする場合、「勤務地」の項目で「海外」を選択できる場合があります。選択して見てみますと、現地採用や一定期間日本で勤務後の海外派遣を前提とする求人が出てきます。

④現地の在住日本人向けの生活情報サイトの求人掲示板

在住日本人が多い国には必ずと言っていいほど日本語の生活情報サイトがあります。そして求人掲示板のページがある場合も多いのです。ただし、すでに在住者を前提条件にしている場合もありますから、まずは問い合わせてみることでしょう。

⑤現地の在住日本人向けのフリーペーパーのサイトの求人欄

上記の④と似ていますが、在住日本人が多い国ではフリーペーパーを発行している会社があるものです。しかも皆さんが日本に住んでいても、そのフリーペーパーのウェブサイトを見ればPDFなどでフリーペーパーを読めることも多いです。その求人欄か、あるいはウェブサイトのページとして求人掲示板を設けている場合もあります。④と同じで現地在住が前提になっている場合は注意してください。

⑥留学やインターンなどの支援斡旋サイトの求人掲示板

支援斡旋サイトでは求人掲示板を持っている場合があります。

⑦専門別、職業別の求人掲示板

私の知っているところでは、日本語教師の海外国内求人掲示板、寿司職人の海外求人掲示板、NGO関係の求人掲示板などが存在します。

いかがでしょうか、海外の求人サイトと言ってもこれだけの種類があります。これは知らなかったというのはありましたか? あとは上記の分類をもとに自分でキーワードを入力して探してみてください。長く付き合える職場と巡りあえること祈っています。