習い事のススメ

さて、海外の求人に応募しめでたく採用になりました。実際に、その国へ渡航して住居に住み、仕事と共に新しい生活が始まりました。

現地の生活基盤は重要

仕事をきちんとこなすためにも、現地での生活基盤は重要です。私は、仕事が少し慣れてきたところで、休日は何か習い事を始めることをお勧めします。なぜなら習いごとに通うことによって、現地人と友達を作れるからです。その国へ行けばあなたは外国人として生きなければなりません。つまり情報弱者です。

現地人の友達というのは、その社会をサバイバルしていく上で必要な存在です。例えばあなたが外国で暮らしているときにポストにお役所から来たっぽい手紙が入っていたとしましょう。文書は現地の言葉でまったく読めません。もしかしたらそれを放置して対応しないと重大な問題に発展するかもしれません。そうなった時に誰も現地の人で頼る人がいないと困るでしょう。また仮に友達が職場にいたとしても、それ以外に情報源を持つことは、多様な情報や援助を得るためにもあった方がいいでしょう。

というわけで友達を作るのはサバイバルの一手段ととらえ習い事へ行ってみましょう。

もしあなたが例えばタイでの生活が始まったとします。しかしタイ語はまだ話せません。英語は日常会話程度ならOK。こういう状況でしたら私には一番のお勧めの習い事があります。それは何か?というと、答えは英語学校です。

「え、どうして?まずはタイ語じゃないの?」と思うかもしれません。もちろんタイ語も悪くはないです。でも一番は英語です。なぜなら英語学校へ行けば英語が話せるタイ人と友達になれるからです。まず現地人の友達を作る必要があります。タイ語を知らない人がタイへ行けば、頼りになるのは英語が話せるタイ人です。

でもちろん二番目は、現地語でタイ語を習えば良いでしょう。自分の職場以外の日本人や他の外国人と友人になり情報交換ができるでしょう。またはその現地語の先生は生活の相談にも乗ってくれるでしょうから毎回生活上の細々としたこともメモして行って質問してみましょう。英語学校では現地語タイ語も教えいるケースがありますからどちらも受講すればいいと思います。

どうでしょうか? 私の外国生活のサバイバルのアイディアでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です